使い勝手の良い間取りや面積について

賃貸物件の間取りは住みやすさに直結する

賃貸物件を決める上ではまず間取りで絞り込むのが大切です。基本的には住む人数に合わせて寝室の数を確保すれば良く、多すぎても少なくても不便になります。住みやすいのは1人暮らしならワンルームや1K、1LDK、四人暮らしなら4LDKです。ただ、リビングを寝室代わりにして3LDKに4人で住むことや、2DKに1人で住んで1部屋は物置にすることもできます。部屋が少ないのは住みづらくなる原因なので避けた方が良いですが、物件がどうしても他にはないときには仕方ないでしょう。部屋が多いのは使い方次第では便利ですが、多すぎると掃除が大変になります。大きい荷物が多い場合には1部屋多めにすると使い勝手が良いということは覚えておくと役に立ちます。

使い勝手の良い面積を選ぼう

賃貸物件の使い勝手の良さは面積によって左右される部分もあります。生活スタイルや家具などの多さによって面積を決めると住みやすい環境を手に入れることが可能です。面積が広ければ家具をたくさん設置しても部屋が狭いという印象を受けなくなります。余計な部屋を確保しなくても大きな荷物を収納するスペースを確保できるでしょう。夫婦や兄弟なら広い寝室で一緒に寝るという選択肢もあります。使い方の自由度が高くなるため、面積が広い物件は魅力が大きいと言えます。ただ、部屋を散らかしてしまいがちな人にとっては面積が広いのは掃除が大変になる原因です。物がなくなって見つからないというトラブルも起こりやすいので自分に合う面積を選びましょう。